出会いは続くよ

出会いは続くよ

菜花ってどうやって食べるの?

シャキっとはりのある菜花

少しずつ出荷量が上がってきました、私たちの圃場
相変わらず 野菜価格大暴落で菜花も同じくですが
JAさんに聞いたら「出荷しても今は大根1本1円だよ」と!
なので大暴落している野菜たちは、畑でトラックでつぶされています。
育てた農家さんの手によって・・・仕方ないのでしょうが辛いな~

ドタバタ、泥臭い私たちですが
そんな姿を見かねて!?地域の方が助けてくれます。
先日も地元家具屋さんで地域活性一緒に取り組む 家具の大丸さんから
「店の売り出しするから、菜花一緒に売りますよ!持っておいで」と
お声かけいただきました!!!!!!!
(結果残った菜花も全て買い取ってくださった家具屋さん…ありがとうございます)

情報企業にお勤めの方も農業体験に

家具屋さんから「どうやって食べたら美味しいのか聞かれたよ」
「菜花の価値を見た目にわかるようにしたらいいかも」と
フィードバックいただき、なるほど!確かに私たちは食べて美味しい
栄養もあるって感覚でわかっていますが、これも見える化しなくては!

菜花の栄養価

調べてみました!日本食品標準成分表から まとめてみましたら
すごくないですか!菜花ちゃん!
菜花ガールズが 菜花食べておけば風邪ひかないとか、妊婦さんにいいとか
貧血にいいとか言ってたけど
ちゃんと数値に表れています。
この資料は地元の菜花協会の会長や、農業普及委員さんにも共有して
喜んでいただけました。

ただ、この表も見る人によってはメンドクサイってことで・・・(笑)
もっとわかりやすくしたら?と さらにアドバイスをもらって
あと、「食べ方がわからない」にも応えたいなと
ネットで「菜の花レシピ」とか「菜花料理」とかで検索していたら
「おおお!なんだ!この美味しそうでお洒落な写真は!」と衝撃・感動!

「これもいいな」「あ!こっちも~」といくつか画像保存しながら
もともとのサイトまでいってみると 全てが一つのサイトでした・・・
この時点で私は もう、アタックするしかない!と鼻息荒く

ビール女子様


私お恥ずかしながら、存じ上げなかったのですがとっても影響力のある
ビール女子 のサイトに出会ってしまったのです!

そこにはビールに合う おつまみレシピという宝の山があり
菜花ももちろんありました♡ もうアタックすることは決めていたけど
し、し、し、しかし、こんなビックコミュニティ、私たちなんか相手にしてもらえるかな?サイトをさらに拝見・・・

タイアップ企画もある・・・大手さんばかりだ
ビールメーカーさんもオファー沢山してるっぽい そりゃそうだ

よし!これは直球メールでいこう(いつもですが)
私の直球とは「一回のメールでこちらの意図が伝わること」を意味していて
忙しい相手様に問い合わせるのですから、せめて時間だけはかけないようにしたい。。。ということなんですが

自分たちはこういうもので、レシピ・写真に感動したこと、お金がないこと
菜花の価値を広めたいので写真使わせてほしい、POPにも使わせてほしい
お願いします!
このようなお恥ずかしい 見栄も外聞もないメールですが

ビール女子様から その日のうちに
「問題ないですよ、喜んでいただけて幸いです」という
神のようなご返信が!!!!!

この一枚にも様々な方のご協力があってできあがりました

もう、そりゃ飛び上がりました!
それで、すぐに上記のチラシをExcelでつくり
(画像ソフト使えませんのでアハハ)

こんなに自分たちメインの資料なんですが、よろしいでしょうか?と
もう一度確認メールをさせていただきながら
現在の野菜価格大暴落のこともお伝えしたら
またまたすぐに快諾いただきました!

もう~ビール女子様のファンになるよね!

私たちにできることは 菜花でお返し!
そこでビール女子様に 「せめて菜花を~」とお伝えすると
では、会社ではなくレシピ開発者に送ってあげてください、と。

も~!どこまでも素敵すぎる~!!!!!
ビール女子 菜の花を使ったおつまみレシピ はこちら!

悔しいこともいっぱいある
 でも頑張るみんながいる限りやってやる!

私たちは、もちろん自分たちが継承して作っている 高秀牧場のブランド菜花を
沢山の方に召し上がっていただきたい、取引会社様に喜んでいただきたい
価格暴落に自分たちの範囲で反抗したい、継続するために売り上げを上げたいです。ここで働く地域のお母さんたちや、福祉事業所のみんなのため
さらに、次のステップも考えています・・・
(野望だけはデカい。私たちにとってはデカい。人から見たら小さいかも(笑))

そして、菜花のPRも先頭きってやっていく

沢山の方に協力いただいて なんとかやっていけている事業なのですが
この、「沢山の方がいる」ことは百人力ってことだもんね!

誰もが関われるように作業をデザインすること それが職員の仕事

今回も 思いのままに書いておりますが・・・
あと一つ!嬉しいことが

またまた学生さんの卒論(今回は大学院生で論文)のお手伝いを
させていただけることになりそうです
私たちの農福連携は、規模も小さいし、もっと優れた取組みをしてらっしゃる諸先輩見て恥ずかしいですが
次世代に関わらせてもらいたい、と常日頃思っているので嬉しい機会をいただけそうです。

最後に宣伝させてください!
私たちはサポーター制度(応援制度)をもうけさせていただきました。

個人の方は 5000円年会費で
送料込みで3000円分の菜花を送らせていただきます!
kobo4@tsuchibokai.or.jp か お問い合わせフォーム に
是非ご連絡ください!

長々と読んでいただきありがとうございました!

みん菜にやさしい畑マネージャー 内野美佐



 

サポーター会員制度カテゴリの最新記事